Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jnetmore.blog50.fc2.com/tb.php/194-edcc855c

-件のトラックバック

[T184] アジアプレスの石丸次郎氏が北朝鮮政策を批判

朝鮮半島を読む/拉致問題の謬着の原因は政治の貧困にあり (サンデー毎日 2008年11月16日号)  拉致問題の膠着は04年以降続いている。この4年を振り返ったとき、膠着の原因の一つは、「圧力で拉致問題解決」という強硬策が採用されたことにあったといわざるを得ない。 (…)

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

蓮池透さん講演「2つの国の狭間で翻弄され続ける家族」:川瀬俊治

「韓国併合」100年市民ネットワークの設立総会を記念した「反省と和解のための集いが25日あり拉致被害者家族連絡会前事務局長、副代表で蓮池薫さんの兄蓮池透さんが「2つの国の狭間で翻弄され続ける家族」と題して話しました。その講演の主旨、今回は2回目、後半です。講演後の質疑の内容もピックアップして紹介しました。


 (我々の日本社会は)北への憎しみ、偏狭なナショナリズムに支配されていった。今年1月に韓国で安明進(アンミョンジン)氏と会った。彼はナショナリズム盛り上げのため加担し、「北が憎いと植え付けるため確信をもてない人を日本人と言った」と語った。彼の(証言が出てきて)後半の証言だ。何が本当かはわからなくなった。

 (こうした経緯の中で)北は悪という、被害者救出とは掛け離れた発想がおおうようになった。北は早く崩壊をという発想。しかし拉致問題解決とどんな関係があるのか。一方、北は日本こそ悪だと。(日本政府の失敗が)4回もだましたことにもなるから憎しみが。日朝間の憎しみのぶつかり合いで、どんなルートもない。

 しかしすべての見方におごりがあってはならない。謙虚に立ち振る舞うことが重要だ。

 日本は日本なりにやることが求められる。自主性をもった対応だ。アメリカが北のテロ支援国家解除を行った。しかし同盟国日本への裏切りとするのは疑問だ。はたして経済制裁が拉致問題解決にはつながっただろうか。テロ指定が解決につながったか。何も結び付いていない。

 政府は家族会の言う通りにあまんじている。そうしておればいいという姿勢だ。それでいいのか。肉親を取り戻すあらゆる方法を試行してやるべきだ。

 解決のため硬直した手法ではだめだ。北の核は日本にとり最大の脅威だ。6者協議で20万トンの重油を出すことが求められている。これからは段階的に経済制裁を解除していくべきなのだ。

 自らピョンヤンに乗り込み自分が人質になってもいいという覚悟で拉致被害者を取り戻す。国会議員がブルーリボンをつけているだけではだめだ。

 拉致問題は普遍的な人権だ。しかし拉致問題解決で活動する人たちの中に「従軍慰安婦問題」、強制連行を否定する人がいるが、それでは拉致問題を語る資格がない。イデオロギーの問題ではなくグローバルな人権問題なのだ。

 感情ぶつけているだけではだめだ。「理性で」、過去清算の具体化を高村前外相は言った。感情に流されずに理性的に話し合う時がきている。

質問 蓮池さんの話はバッシングを受けないか。
蓮池 しかれるどこころかバッシングを受ける。拉致問題を利用する人たちがいる。家族は人間的の感情で会いたいのだが洗脳される。家族会と行動は別にするようになった。(今日のような話を)今後も言い続ける。マスコミのタブーはある。担当記者は「これは放送できない」と言われたりしてきた。そういう状況。純粋に支援する人がいなくなる。


質問 お弟さんの心境はいまどういうものなのか。
蓮池 損害賠償訴訟をやろうと言ったが、嫌だと言った。自分でいろいろな自活して、北朝鮮、日本を見返したいといい、朝鮮の文化を紹介して日韓、日朝の懸け橋をしたいという。22冊の本をジャンルを問わず翻訳してきた。学ばされた朝鮮語だが、友好の懸け橋になりたいと言っている。

質問 北朝鮮に責任はないのか。
蓮池 本来は北朝鮮にあることは言うまでもない。しかしいま解決に向けてやらねばならない現状回復(拉致被害者の帰国、損害賠償など)で、(経済面で)で北ができないなら肩代わりしても解決をしなくてはならない。柔軟な態度をとらねばならない。

 最後に戸塚教授が話を集約し、「「韓国併合」100年市民ネットワーク設立総会の記念講演で蓮池さんの話を聞くことができたことは本当に意義深いことだ。人類が同胞の精神でもってやるという。両方ができていない。そういう歩みが世界人権宣言の精神が求められる」とまとめた。また講演が始まる前に戸塚教授は刑法226条3項に拉致犯罪を規定しているが、「慰安婦」被害者の拉致(戦前の刑法判例がある)も、日本人拉致も同じ拉致犯罪として捉えることは重要と指摘をした。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jnetmore.blog50.fc2.com/tb.php/194-edcc855c

1件のトラックバック

[T184] アジアプレスの石丸次郎氏が北朝鮮政策を批判

朝鮮半島を読む/拉致問題の謬着の原因は政治の貧困にあり (サンデー毎日 2008年11月16日号)  拉致問題の膠着は04年以降続いている。この4年を振り返ったとき、膠着の原因の一つは、「圧力で拉致問題解決」という強硬策が採用されたことにあったといわざるを得ない。 (…)

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Language

プロフィール

ジャーナリスト集団

Author:ジャーナリスト集団
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。